見まもりブレイン 医師が見守る安心のサービス

見まもりコラム

血圧管理のおすすめ

Date: 2017-07-04

夏至も過ぎて梅雨明けが待たれる毎日となりました。

これから暑い夏を迎えるにあたり、冷房が効いている室内の気温と外気温の差による血圧の変動に注意が必要になってきます。冬の外気温と室内温度差の逆パターンです。
血圧測定は、自宅でも自分の健康状態をある程度把握できるため、家庭血圧を測定されている方も多いと思います。

自宅での血圧測定の他にも、健康診断や人間ドックでも血圧測定が行われ、値が高めであることを指摘されたりします。高血圧は、脳梗塞、脳出血、心筋梗塞、心不全など様々な病気の源です。健康診断や人間ドックで血圧の値を指摘された場合は早めに医療機関に行くことが望ましいです。

しかしながら健康診断や人間ドックで血圧が高めなことを指摘されたにもかかわらず、受診されなかったり、日常生活の見直しをしなかったりなど放置したままでいる人が少なくないこともわかっています。これは比較的若い人(30代)にある傾向にあるようです。また、男性30~50代・女性30代の約4割に高血圧リスクにつながる生活習慣があったり、血圧が高めと指摘された人でも4人に1人しか血圧を毎日測っていないこともオムロンヘルスケア株式会社の「高血圧に関する意識と行動に関する1万人実態調査」でわかっています。
http://www.healthcare.omron.co.jp/corp/news/2017/0511.html

高血圧を指摘されてもそれ自体には症状がないことや、計測が面倒なこともあり、忙しい働き盛りの方にはなかなか浸透しないのではないかとおもわれますが、今後の健康管理のためにも是非血圧測定を習慣にすることをおすすめします。
血圧は、運動、入浴、食後、飲酒・紅茶やコーヒーを飲んだ後、喫煙、排尿排便後、緊張、室内温の変化、測定中の会話で値が変化します。血圧測定する時間をある程度決めて測定することも大切です。

見まもりブレインの血圧プランは、朝夕の2回血圧測定をしていただくことで血圧値とその推移が自動記録されます。異常があれば医師が確認しアドバイスを送ります。また月2回の健康相談がありますので不安なことなどさまざまなご相談ができます。検診や人間ドックで血圧を指摘された方の血圧管理や健康へのアドバイス、高血圧などで通院中の方の次回病院受診時までのアドバイスも行えます。
みなさまがこれからも健康に生活していくためのお手伝いをさせていただきたく、見守りサービスを通じて努めております。

夏本番まであとわずかです。
体調を崩されませんようお気を付けください。

見まもりブレイン

お気軽にご相談ください。 0120-900-439 受付時間:8:00~22:00 ※土日祝日を除く

お問い合わせ