見まもりブレイン 医師が見守る安心のサービス

見まもりコラム

熱中症と高血圧

Date: 2017-08-21

皆さんこんにちは。在宅健康管理を推進する会です。
雨の日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか。猛暑ではなくてもこの季節は熱中症に要注意です。

熱中症は頭痛や吐き気など気分が悪くなったりする比較的軽症なものから、体内温度が上昇することで脳や肝臓・腎臓に障害が起きて、意識混濁や意識消失が起こり場合によっては死に至ることもあります。

人間は体温が高くなるとそれを下げようと汗を出し、体内の水分や塩分が失われ血液がドロドロになります。その血液を循環させようと心臓に負担がかかり血圧が上昇します。
高血圧の人はより心臓に負担がかかるので脳卒中や心臓病を発症するリスクが高まります。

また、健康な人に比べて高血圧の人は普段から血液中の塩分や水分が少ない傾向にあります。これは、塩分を控える食生活により体内の低い塩分濃度を調整しようと水分を体外へ排出する機能が人間にはあるからです。
この状態で大量の汗をかいた場合、もともと少ない水分と塩分がさらに少なくなり脱水症状がおきやすくなります。

熱中症予防には経口補水液が効果的ですが高血圧の多くの人は塩分摂取を控えるため水やお茶で水分補給します。しかし塩分の含まれていない水やお茶は体内への吸収が遅くなるので熱中症にかかるリスクが高まります。
汗をかいていないときの水分補給は塩分は摂らなくてよいのですが、大量の汗をかいた場合は塩分の含まれた傾向補水液が必要になります。

では高血圧の人が大量の汗をかいた場合は水分と塩分をどのくらい摂取したらよいのでしょうか。大量の汗をかかないように気を付ける、こまめに少量ずつ水分を摂取するという一般的なものの他に、明確な答えはないのではないでしょうか。
高血圧の人は健康な人に比べ、特に夏は危険な環境にいるということになります。

このような常に危険な状況をさけるためには血圧を下げ、管理していくことが一番です。
しかし個人それぞれの生活パターンもあり自己管理は大変に思われがちです。
その中で、血圧を自動記録し医師によるサポートが行える見まもりブレインの血圧サービスは、皆さまのご負担とならずに取り組んでいける血圧自己管理の第一歩になると考えております。
どうぞお気軽にご相談ください。

見まもりブレイン

お気軽にご相談ください。 0120-900-439 受付時間:8:00~22:00 ※土日祝日を除く

お問い合わせ