見まもりブレイン 医師が見守る安心のサービス

見まもりコラム

寒い季節の高血圧にご注意ください

Date: 2017-01-13

寒い朝

明けましておめでとうございます。在宅健康管理を推進する会です。2017年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

冬至が過ぎ、わずかずつではありますが日の長くなることを感じます。とはいえ、つい先日寒の入りを迎えるなど冬の寒さはこれからよりいっそう厳しくなりそうです。この時期、血圧が高めの人は注意が必要です。

私たちのからだは、寒くなると体温を逃がさないようにするため、血管を収縮させます。ホースの先をつまむとホースの内径が狭くなり勢いよく水が出る様に、血管も収縮すると血圧が上昇します。血圧が高いと脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、狭心症、心筋梗塞、心肥大、心不全、腎不全など様々な合併症が起こります。

高血圧は「サイレント・キラー(沈黙の殺人者)」とも言われており、自覚症状がないまま進行していきます。高血圧の早期発見のためにも定期的な血圧測定が大切です。

また、高血圧の方の約半数は明け方から起床時にかけて極端に血圧が急上昇します。眠っていた体が一斉に目覚め、活動する事で交感神経が作用するためです。起床直後は脳卒中や心筋梗塞の発生率が高い事が分かっています。家庭での毎日の血圧測定がとても大切なのです。

日本高血圧学会による「高血圧治療ガイドライン」(2014年版最新)でも、診察室で測定する診察室血圧よりも、家庭で測定する家庭血圧による診断が優先されると記載され、測定回数と値は、1機会原則2回測定し平均を取ることと書かれております。

我々の血圧プランでは、ただ測定するだけで、血圧値とその推移が自動記録され、いつでもどこでも見返すことができますし、異常があれば医師が確認しアドバイスを送ります。また血圧手帳に記録し持ち歩く煩わしさも全くありません。

是非、新年、長く健康に生活していくために、家庭での血圧測定についてしっかりと考えてみてはいかがでしょうか。

見まもりブレイン

お気軽にご相談ください。 0120-900-439 受付時間:8:00~22:00 ※土日祝日を除く

お問い合わせ